コバエ・羽虫・蚊・蛾
 対策なら電撃殺虫器と
 めんつゆトラップ




夏場になると、
うっとうしくなるのが

ムシ…ですね。

コバエ、羽虫
蚊、小さな蛾
とにかく、うっとうしい。

それらを一網打尽にする方法を
提供します。


電撃殺虫器の有効性のお話です。

 一方的に駆除しちゃう
 このページの目次




うっとうしいから…

この際、一網打尽。

【 目次 】
↓ページ内リンク

  1. 電撃殺虫器

  2. え!…青い光でハエは死ぬ

  3. コバエには
    めんつゆトラップ

  4. 電撃殺虫器は
    蚊には効かない?

  5. コバエの発生源はどこ?

  6. カビキラーは有効

  7. ゴキブリには?

  8. お金を払えば
    有効な対策はある

 電撃殺虫器




青い蛍光灯でムシを
集めて、バチンと電撃で
殺傷するアレです。

昔は、コンビニの駐車場で
見かけましたね。



と、いっても家庭用なら
こんなにコンパクト。

「電撃殺虫器」を楽天で検索

写真はトイレットペーパーと
比較して。

消費電力4Wタイプなので
電気代もほとんどかからない。

効果なんですが…

凄まじいです。

こんなに、居たのかよ!


ってくらいです。

ここまで凄いと、
ムシが気の毒になっちゃいます。

多分、予想されている効果の
5倍くらいは結果がでます。

全家庭に普及したら、
絶滅危惧種になっちゃうかも…?
生態系が崩れちゃうかも…?

って、いうくらいの
ドSなカンジの効果。

「薬剤」を使わないので
ヘンなニオイが発生しません。
安全面で優れてますね。

とはいえ、
「青い光」でムシを寄せるので、
光に集まらないタイプのムシは
当然ながら、寄ってきません。

寄ってこないタイプの虫は…

お腹のすいてるムシ。

例えば、蚊。
光に寄る習性はあるのですが
結局、お腹が空いてれば
そっちにいきます。

コバエも、光は有効ですが
お腹がすいてれば、やっぱり
「臭い」のほうが
スキみたいですね。

ですので、
台所の排水口近辺に設置すると
効果絶大です。

わざと、臭いのあるモノを
設置するのも、手です。

たとえば、

めんつゆ
バニラエッセンス
ミルクティー
お酒

これらは、コバエや
蚊が比較的好むニオイですね。

ニオイ、プラス電撃殺虫…

コバエ、蚊、蛾、羽虫など
オールマイティに効くので
超オススメ。

ただ、ミルクティーだと
同時にゴキブリとか、
大型のハチも
寄ってきますので、注意ね。

「電撃殺虫器」を楽天で検索

価格もカナリ安いので
消耗品感覚です。
ワタクシは蛍光灯の交換とか
ビッシリと付着したムシを
掃除するのがめんどくさいので、
毎年、まるごと
買い換えちゃいます。

↑目次へ戻る

 え!…青い光でハエは死ぬ


電撃殺虫器って、
コバエとか、蚊とか
小さな蛾などが電撃で
ひっかかってるんですけど…

比較的大きなハエって
そういえば、かかってないし、
そもそも、
周辺で見ないな…

って思ってましたが…

なんと、大きなハエって
青い光自体が
猛烈に苦手らしくて
浴びただけで死ぬレベル
らしいです…。
細胞の活動が停止して
死に至るらしい…

そりゃ、周辺で見なくなるよな…

大きなハエが
死んでいく様子を
まのあたりにしたことは
ないんですけど、

そもそも、
出入り口に近いトコロに
電撃殺虫器をぶら下げておくと
大きなハエは
まったくといっていいほど
入ってこなくなりますね。
っていうか、
見なくなります。

↑目次へ戻る

 コバエには
 めんつゆトラップ


割とメジャーなのが、
めんつゆトラップです。

小皿に「めんつゆ」と
「食器洗い」を
ブレンドして置いときます。

めんつゆの臭いでコバエを集めて
食器洗いの界面活性剤のヌルヌルで
封じ込めます。

液面に触れたが最後、
洗剤成分が羽根や足などの
油分を分解して
水分をはじけなくし、
適度な粘度で引きずり込みます。
そのまま溺死。

「コバエ」限定のトラップですね。
サイズが大きな虫には効きません。

なぜ、「めんつゆ」かっていうと
カツオ出汁の生ぐささとか、
ニオイの拡散効率とか、
洗剤の界面活性剤との相性が
いいんだと思います。

ちなみに、コバエ限定ですと、

コバエがホイホイって製品があります。
これも効果絶大。

「コバエがホイホイ」を
楽天で検索


↑目次へ戻る

 電撃殺虫器は
 蚊には効かない?


原理的には
効かないらしいです。

…が、

ウチの電撃殺虫器には
結構、かかってます。

電撃殺虫器の底の
受け皿に
ウィスキーを染み込ませた
ティッシュを
誘引材として
置いておくのですが、
それが効果があるのかも
しれません。

↑目次へ戻る

 コバエの発生源はどこ?


コバエは
産卵から羽化までが
10日くらいらしいです。

めちゃくちゃ早い!!

産卵箇所は
生ごみが多いらしい…

ウチの場合、
食事単位で生ごみは
ビニール袋で密封して
ゴミ出しのサイクルも
3日か4日以内なので

発生源は
家の中ではなかったです。

では、どこから?

観察してましたが

やっぱり、
玄関などの出入り口と
換気扇のスキマ…

コレを防ぐのは
難しいかなと思います。

ですので
ウチの場合は出入り口の近くと
換気扇の近くに
電撃殺虫器を設置してます。
複数持ちですね。

↑目次へ戻る

 カビキラーは有効


お風呂とか、
流し台に
カビキラーをチョコっと
撒いておくのは

コレ、結構、有効です。

ま、ムシにとっては
塩素系洗剤は
死の毒ですから
当然かもしれません。

排水口ルートから
入ってくる
トイレに出没する
チョウバエっていうコバエも
明らかに侵入してこなくなるので

排水口にカビキラー
ひと吹きっていうのは
オススメです。

消毒や腐敗臭の予防にも
効果ありますしね。

あんまりオススメは
しませんが、
ゴミ袋の中に、
ひと吹きっていうのも
効果がスゴいです。


もちろん、
塩素ガスの発生には
気をつけないといけないですし
気になるくらいの
塩素臭は伴いますが、

ひと吹きくらいなら
人体側には
それほど影響ないでしょう。

↑目次へ戻る

 ゴキブリには?


ウチは、ほとんど
ゴキブリの被害が
ないです。

ないっていうか…

なくなっているカンジ。

使っているものは
ありますね。



エサを食べたら
屋外の水場に向かって
そこで絶命する
殺虫剤で、基本、屋外に
出て行ってしまう
タイプの駆除剤なので

効いているのか
どうかの実感はないのですが

見なくなったのは
確かです。

1パックのお値段が
電撃殺虫器1台分くらいなので
チョット購入には
勇気が要りましたが

結果は高価なだけあって
スゴイみたいって
結論です。

↑目次へ戻る

 お金を払えば
 有効な対策はある


ワタクシ、
防虫や殺虫に関しては
結構、お金を使います。

発端は、
この、電撃殺虫器で…
やっぱり、
いい道具は、効くって
悟りました。

先述のゴキブリ駆除剤も
そうですけど、

ホンキになって
それなりのお金をかけて
ビシっと試せば
やっぱり結果はでるんだなって
思いましたね。

お金をかけたくないとか
中途半端なコトするから

結局、うっとうしいムシは
駆除できんのです。

効果が欲しければ
効果があるもの
買えばいい。

そう、思ってます。

↑目次へ戻る