営業車の便利用品

営業車・社用車を
快適化する便利グッズ


毎日、外回りお疲れ様です。

ライトバン・軽トラ
ユニック・トラックなどなど

営業や工事で使う
営業車や社用車って、
運転席まわりの装備が
貧弱ですよね。

なんてゆーか、
疲れるし、
ナビついてないし、
ラジオしかついてないし、
窮屈だし、
快適とは
ほど遠いし…。

そんな劣悪な仕事環境を
快適化する便利グッズをご紹介。

脱着簡単

取り外しが簡単でコンパクト

営業車・社用車は
共用であることが多いので、
設置と脱着が簡単でコンパクト
なものを条件として
選んでみました。

ざっくりとビジネス車両に
求められる機能は…

…です。

これらはアナタが
仕事で十分な成果出すために
必要になってきます。

ビジネスマンとして、
ある程度は、
自腹で買い揃えるべき
ものであります。

運転席テーブル

お昼は…コンビニでしょ?
車内簡易テーブルで
快適車内ランチ


お昼はコンビニってコト
多いでしょ?

運転席で
コンビニ弁当って
割と多いです。

工事関係だと、
飲食店に入りにくいとか
ありますしね。

お食事が便利になるグッズは、
車用の簡易テーブルです。

これで昼食、コンビニランチ、
車内飯は快適です。休憩も快適。

選ぶポイントは
取り外しが簡単で、
運転席なので
あまり大きくないこと。

営業車・社用車って共用なので
取り外しは簡単に
越したことはありません。

取り外しのことを考えると
構造は簡素になり
耐荷重の点で
制限がでてきてしまうのは
仕方ないですね。

スマホスタンド

スマホスタンドで快適


カーナビないからスマホで代用
ってケース、
ありますよね。

っていうか、
今現在はそれが普通なのかも。

ナビついてないクルマなんて
あるのかよ?って
思うかもしれませんが、
軽の営業車とか
トラック系の工事車両とか
ナビがないんですよ。
レンタルの工事車両も
ナビがついてないこと
多いですよね。

ホルダー自体を
吸盤で固定するタイプと

エアコン吹き出しに挟んで
固定するタイプ、

それと
ミラーに取り付けるタイプ。

どれも、 取り外しが容易で
共用社用車向けです。

で、オススメは
ミラーに取り付けるタイプ。

理由は…
スマホを
ドライブレコーダーとして

使えるからです。

最近では、
営業車・社用車すべてに
ドライブレコーダーを
付けている企業が多いです。

でも、
零細企業の
リスクマネジメント意識は、
まだそのレベルまで行ってない。

事故の際に
自分の正当性を
立証確保する意味でも
ドライブレコーダーが重要です。

営業車・社用車についてない場合は
自分のスマホで
自分自身を守りましょう。

ミラーに取り付けるタイプは
脱着に、ちょっと
手間がかかるけど、
それでも、実用的さは
ピカイチです。
一度使うと
手放せなくなります。

スマホハンズフリー通話

FMトランスミッター
ハンズフリー通話と
スマホ音楽で快適化


複合機能FMトランスミッターが
新社会人に売れています。

スマホスタンドとセットで
よく売れてます。

営業車・社用車の
使用頻度が多い会社員が
最初に揃える
グッズと言えばコレ。

スマホ用FMトランスミッターは
クルマのスピーカーを
スマホ用のスピーカーに
してしまえという商品。

スマホの機能と
クルマのFMラジオの機能を
FM電波とBluetoothで
リンクする
車内超小型FM放送局です。

上記の商品を
カンタンに説明すると…

スマホの音声を
ワイヤレスで
クルマのFMラジオで鳴らします。

ボタン一発で切り替わる
ハンズフリー通話時は、
ワイヤレスで
車内の音声を
商品本体マイクで拾い、

相手の声は
クルマのFMラジオから
鳴らします。

商品本体は
クルマのシガーソケットに
挿します。

商品本体に
スマホ充電用
USB電源端子あり。

クルマに要求する機能は
FMラジオと
シガーソケットだけあればよく、
仕事で共用の
営業車・社用車に乗る人の
必須アイテムになってます。

低機能な共用営業車、
社用車や工事車両は
手持ちのスマホの機能をフル活用
せねばなりません。

ですので、
USB電源端子は絶対に必要
かと思います。

座席姿勢対策

座席姿勢対策クッション


営業車・社用車の
長時間運転で腰がツライ。

こういう人、
結構います。

って、いいますか、
私がそうでした。

共用車両ってコトを考えると、
やっぱりコンパクトなものを
求められます。

↓こういうレベルになると、
ツラさだけじゃなく
疲労すら軽減されます。

置き場所に
困らないなら
選択肢として
アリでしょう。

座席用のクッションについては
下記で熱く語ってます。

車の運転がつらい人でも
長距離ドライブが快適に!




以上、カテゴリトップの
生活術 へ戻る。