靴下の臭いを消す

足がくさいなら
靴下を殺菌消毒


足がくさい

足がクサくて困ってるなら

靴下の熱殺菌を
試してみてください。

煮沸したり、
熱湯につけ置きしたり。

靴下を熱で殺菌消毒

足そのものが、
くさいんじゃない


熱湯煮沸

足がくさいなら…

その根本的な対策は、
靴下を熱で殺菌消毒

足そのものが、
くさいんじゃなく、
靴や、靴下あたりで
雑菌が増殖したから
くさいんです。


雑菌の増殖箇所である
靴下の臭い取りで必要なのは
」です。

コインランドリー

一番簡単なのは
コインランドリー


コインランドリー

一番簡単な方法ですと…
コインランドリー
乾燥機を使えばいい。

家庭用の中途半端な
ヤツじゃなく、
コインランドリーのヤツね。

これで、一旦、
すべての匂いは
リセットされます。
匂いの菌はほぼ死滅します。

死滅したら、増殖しないので
しばらくは、大丈夫。

意外と
コインランドリーに通うような
ズボラなヤツのほうが
足が臭い悩みを
持たないのです。

コインランドリーって
共用なので
衛生的にイヤな
印象がありますが…

法定の衛生基準を
行政からの要求を満たして
営業してますし、

そもそも、機械に
その基準の満たす
衛生維持の機能が
備わってますので
安心ですよ。

それっくらい圧倒的な
熱量ですので
雑菌が原因の
臭い悩みは
リセットされるのです。

靴下の臭い取りは
コンランドリーの乾燥機で
熱風乾燥することで
解決できます。

靴下を電子レンジでチン

足がくさいなら
靴下を電子レンジでチン


別の方法として…

足がくさいなら…

熱殺菌のために、
靴下を電子レンジでチン。

冗談なようで
マジなハナシです。

単純に
熱での殺菌なんですね。

でも、
電子レンジを利用するのは
実は、あまり、
おすすめできません…。

やっぱり、ちょっと
危ないですので…。

ですが、
コインランドリーに
行きたくない…

そこにお金を払いたくない…

それなら
リスクを承知で
電子レンジっていうのも
悪くないです。

乾燥目的でなく、
熱い濡れおしぼりみたいな
カンジです。

熱で殺菌

熱で靴下を殺菌消臭


実は靴下に付着している
雑菌は洗っただけでは
全滅しません

これが諸悪の根源です。
なんとダニも洗濯程度では
余裕で生き延びます。

ダニよりもっとしつこい
菌類は洗濯なんぞ
まるで影響ありません。

生乾きのタオルの
イヤな匂いを
想像してみてください。

洗っても乾燥する前に
雑菌が大増殖してしまうので
イヤなニオイが
発生してしまいます。

とにかく洗濯物に付着する
雑菌は洗って干しただけでは
殲滅できないのです。

靴下に付着する雑菌は
フェイスタオルよりも強力なので、
靴下が臭いというのは
至極当然で
当たり前のことなのです。

対策としては結構簡単で、
熱を加えて
雑菌を減らすことです。


熱湯消毒の原理です。

イメージとしては
居酒屋で出てくる
熱いおしぼりを
想像してみてください。

過酷な状況で
使いまわされているのに
イヤなニオイはありません。

方法は、
洗って脱水したての靴下を
レンジでチン。

うっすらと
濡れた靴下を
温度50度以上で
数分保ちます

具体的にいうと
500Wくらいで45秒間程
加熱することにより
50度以上にし、
温度保持のため解凍モード
(200Wくらいの低出力)で
2分程追加で加熱します。

あとは、
靴下裏返しにして
天日に干すだけ。

レンジから取り出すときは
アツアツになっているので
ヤケドに気をつけましょう。

ポイントは高出力で
1分以上加熱しないこと。

長時間加熱は
発火したりして
危険なようです。

加熱中は
絶対に目を離さない
ようにしましょう。

絶対に「乾燥」目的で
電子レンジを使わないように。
消防車を呼ぶハメになります。

別に電子レンジでなくとも、
熱湯にさらしたり、
アイロンかけちゃったり、
コインランドリーの乾燥機でも
同じ効果が得られます。

ただ、
一番手間なく省エネなのが
電子レンジってことだけです。

靴下だけでなく、
部屋干しタオルにも
カナリ有効です。

ほとんどの雑菌を
死滅させることにより、
干す環境が悪くても、
雑菌の大繁殖が抑えられます。

異臭を放つ雑菌の他に、
水虫のような菌、
あと靴下に巣食うダニも
温度60度あたりが死滅ラインです。

ビルなどの貯湯槽なども
雑菌害虫の増殖防止ため
60度あたりを設定しています。

60度というのは
割と私たちの生活の中で
関係の深い数値なのです。

まぁ、なんだかんだで、
一番簡単で安全で
効果が確実なのは…

コインランドリーの
乾燥機ですね。
コレが異臭予防に効果絶大。

乾燥機の熱風で
雑菌系異臭を
リセットしてくれます。
定期的に利用するのもよいです。

これで、
フツーの足のクサさなら
八割方カットできる

はずです。

もちろん、
足の体臭が病的にクサいとか、
靴の内部が腐ってしまって
どうにもクサイとか、

サンダルの隙間に
腐敗物が付着しているとか、
別の原因だと
解消できませんけどね。

サンダルにはカビキラー

サンダルは
定期的に洗ってね

よくある布製でなく
樹脂製のサンダルや
スリッパなどは要注意。

樹脂なので濡れたり、
汗で湿ったりしても
大丈夫だと思って、
メンテナンスが
おろそかになりがちです。

樹脂サンダルの表面や
スキマなどに雑菌は潜みます。

定期的に塩素系の洗剤
(カビキラーなど)を
吹きつけて除菌しましょう。

別にゴシゴシ洗う
必要はありません。

カビキラー吹きつけて5分放置。
水で流して
天日で干すだけで
ずいぶん違います。

よくオフィスの内履きなどで
利用されるときは要注意。

履いてないときは
臭わないのに、
履いてるときに
急に匂い出すのは
サンダルに潜む雑菌の
活性具合のせいだと
考えられます。

靴を清潔に保つ

靴を清潔に保つのは
容易ではない。

靴を清潔に保つのは
容易ではないのです。

靴を複数で
ローテーションさせ、
できるだけ乾燥させておいたり
すればよいのですが、
正直面倒くさいですよね。

そんなときは、
インソールを利用すると
よいです。
あと消臭除菌スプレーも
補助的に利用すると
良いでしょう。

でも、
やっぱり基本は靴下の熱消毒。
雑菌の量を減らすことが
短絡的かつ絶対的に有効です。

結局、
人間の回りに介在する雑菌は
似たり寄ったりで、
「俺の保有する雑菌は、
他人の保有する雑菌より
10倍悪臭を放つ」
なんてことは
ほとんどありません。

単純に他人より
クサイ足ってのは
雑菌の量が
他人より多いってことを
意識して対策していけば
結構ニオイに効いていきます。

対策グッズは有効

対策グッズは
それなりに有効です。


足の角質が雑菌の餌になり
繁殖を促してしまうのも
また事実です。

抗菌素材は、
雑菌の活性を阻害するのも
また事実です。

足指の間は雑菌が繁殖しやすく、
水虫など悪臭だけでなく
皮膚の炎症を引き起こす
不衛生な箇所です。

指のある靴下は
とても効果的。

でも、
基本は雑菌の量を減らすこと。
靴下の加熱殺菌は
一番始めに取り組むべき対策です。

効果を確認する

必ず効果を確認することが
重要です


なんでもそうですが、
必ず効果を確認することが
重要です。

でないと、
今後、どうすべきかなんて
わからないですよね?

靴下の場合は
効果の確認方法は簡単です。

片方は対策し、
片方は対策しないで
比較する。

カンタンでしょ?

対策したほう、
してないほうを
比較して効果を実感する。

実感できれば
納得して継続できます。

コレ、
めちゃくちゃ重要なコトなので
必ずしましょう。

自分自身で
効果を実感して
納得して継続する。

この靴下の熱殺菌は
絶対に効果を実感できます。

初日で実感できるはずですが、
完全消臭には至りません。
ただ、大きな効果は
実感できるはずなので、
その後、2日目、3日目と
継続していけば

ジワジワと雑菌が
減っていきますので、

実感して、納得して、
継続して、工夫して、
より深く原因箇所を
特定して、

最終的に悩みが解消するに
至ってください。



以上、カテゴリトップの
生活術 へ戻る。