車の運転がつらい

車の運転がつらい人でも
長距離ドライブが快適に!


車の運転がつらい人でも
長距離ドライブが快適に!

座席用クッションの決定版。

医療用の
やわらか低反発ゲルで
荷重の分散と

両脇からの
しっくりとしたホールド感が
とても好評の様子です。

エクスジェル

その答えは
エクスジェル


素材が高価なせいか、
製品もそれなりの値段ですが
効果がスゴいです。

グッドデザイン賞
受賞製品という点も
高い評判の証だと思います。

大事なのは
とにかく、
「荷重の分散」です。

だからこそ、この素材。

柔らかいからヘコむとか…
ヘコんで分散するとか…

…そういうレベルじゃない…。

荷重の衝撃を
受け止めて
散らして、
返さない…。

それくらいに
包み込まれて
吸い込まれるように
受け止められる…

そんなカンジの素材です。

直営店で買うには
意味がありますよね。

まず、直営なので
不満があれば返品に
応じてくれたり、
おすすめな使い方などを
教えてくれたり、
メーカー直販ならではの
対応が小売店よりも
便利なこと。

「直営」が「楽天」などの
ユーザーにとって
使いやすい
ショッピングモール
に出展しているのは
便利ですよね。

それに楽天ユーザーの
レビューが見れるので
安易な提灯記事に
惑わされることもない。

イイモノはいいというコトが
わかりやすいのです。



このページの目次…
快適な運転環境のために


腰痛治った

【 目次 】
↓ページ内リンク。

  1. 私も口コミで聞いた
    再度、おすすめしときます
    私も口コミで聞いたのです

  2. レカロシート
    エクスジェルでダメなら
    レカロシートしかないです

  3. サポートクッション
    ファッション性の
    高いクッションも
    続々登場中

  4. コルセット
    コルセットやサポーター

私も口コミで聞いた

再度、おすすめしときます
私も口コミで聞いたのです


ワタクシがコレを知ったのは
外国産高級セダン専門の
中古車販売店の店員さんの
おすすめでした。

その店員さんは、
中小企業の社長さんである
お客さんから聞いたようです。

社長さんとか事業主は、
10万円以下の商品なんか
ガンガン経費で落とせるので
色々、試して、
色々、知ってるんですよね。

いい商品っていうのは
確実に口コミで
広がるんだなぁと
思いました。

ポイントは素材です。

素材あっての形状ですので、

形状だけ真似たり、
パクっても、
これほどのものには
ならないのです。

素材ゆえに、
チョットお値段が張りますが、

車の運転で悩む人に
ぜひ手に取ってほしいと
思います。

チョット値が張るけど、
贈り物としても良いです。

ワタクシ、大口の契約が
とれそうなお客さんに
自腹で贈り物戦術するときが
あるのですが、
候補はいくつかあるのですが、
コイツは、
そのウチにひとつです。

シャチョーさん本人に
直接、渡すのではなく、
オクサマとか、ご家族から
渡していただくように
手配するっていうのが
ミソですね。

レカロシート

エクスジェルでダメなら
レカロシートしかないです

エクスジェルでダメなら、
もうレカロシートしか
選択肢はありません。

座席ごとレースで培われた
高い「G」に耐えうる
人間工学の基づいた形状に
期待するしかないのです。

最近のレカロシートは
ガチでレーサーな雰囲気の
「スポーツシート」
だけではなく、

ラグジュアリーで
シックな雰囲気の
コンフォートシートもあります。

レカロ・コンフォートシートなら
運転の疲れとも
無縁のものとなるでしょう。

レカロ・コンフォートシートは
定番にして
鉄板アイテムです。

中古市場でも
取引はカナリ活発です。

経費で落とせる
事業主や職業ドライバーに
根強い人気があり、

中古といえども
相場は下がってきません。

サポートクッション

ファッション性の
高いクッションも
続々登場中


今現在、
クルマ用・事務用の
サポートクッションは
日々進化しています。

機能性だけでなく
デザインもクールな物が
増えました。

この手のグッズは
年寄りクサいので、
敬遠されたいた方も

ファッショナブルで
快適なシートを
手に入れることができます。

コルセット

コルセットやサポーター


コルセットやサポーターは
カナリ有効です。

…というか、
ココのページを
読んでいる方は、

ほとんど
何かしらの
サポーターを愛用していると
思われますが、

いろいろなタイプの
コルセットを
試すのもよいです。

まだサポーターを
利用されてない方は
ドラッグストアの
安いモノでもいいので
利用するべき。

種類か多く、
自分に合ったモノが
見つかるまで
チョット、
出費はかさみますが、
割り切れる
安い投資です。



以上、カテゴリトップの
生活術 へ戻る。