はじめてUSBメモリ
 SDカードを買う前に
 読むページ


 
 

結論からいうと、
「店」選びが最重要
ってことに尽きます。

まず、
大型家電量販店なんですけど、

おおむね「IO-DATA」とか
「バッファロー」などの
国内有名ブランドの品を
置いている場合が多いです。

購入時に
レジで保証書などを
付けてくれますよね。

国内有名ブランドの品は
おおむね不具合も出にくく、
安定した品質があり、

販売店でも
保証してくれるので、
安心感があります。

ま、コレがフツーだと思います。



で、
家電量販店で買う場合の不満な点…
ま、
通販と比較してなんですが…

・容量に対して価格がべらぼうに高い
・型落ちしか置いてない

どうしても、
このような状況になってしまいます。

家電店にしてみれば、
USBメモリやSDカードなんて
主力商品ではないので、
あんまり数量でないんです。

ですから、
在庫が「あっと言う間」に
旧型式になってしまうんです。

でも、
仕入れてしまった以上、
あんまり値下げできない
…というのが苦しい現状です。

んー…実際は主力商品でもないし、
別に通販と価格勝負なんか、
ハナっからしてないから、
苦しいとも
思ってないのでしょうね。

反面、
通販でUSBメモリやSDカードを
主力とする専門店は…

数百個が数週間で
全部売れてしまいます。

で、次回入荷では、
メーカーの出荷の段階で値下がり、
というかほとんど値崩れしているので
当然、
専門店での販売価格も
カナリ下がります。

このサイクルが、1ヶ月未満で
回転するんで、
ぶっちゃけ、1年待たずに
家電量販店との価格差が
2倍以上になります。

このように、
「容量に対しての価格」を
重視するなら、
ガゼン通販のほうが
シアワセになれるというのが、
ここ最近の現状です。

2016年8月現在で、
USBメモリも、
SDカードも、
MicroSDカードも、
容量32GBのタイプで、
通販では送料込みで800円台とか
ザラにあります。

この頃に
家電量販店も見てきましたが、
最安値で2200円でした。

でも、コレばっかりは、
家電量販店を責めても
しょうがないんです。

「USBメモリ 32GB」を楽天で検索

特に通販でなきゃ
ダメっていうのは、

古くて容量の少ないタイプの
SDカードが必要になったときに
起こります。

デジカメとかの
古い電子機器が
SDHCの8GBまでしか
認識しないとか、
結構あります。

こういう場合は、
家電店だと、置いてないとか、
数年前の値札で4000円のまま、
ずっとそのまま付いてる
…とかが起こり得ます。

ですが、
専門店の通販なら
送料込みで500円程度です。

「SDHC 8GB」を楽天で検索

ワタクシは、
だいたいなのですが
年に15個ほどUSBメモリを、
SDカード類を5枚ほど
購入しています。

フツーの人よりも、
割と「よく買う」タイプだと思うので、
近年のワタクシの
購入方法を記してみました。

参考になれば幸いです。

 USBメモリ
 SDカードの通販の流れ


ワタクシが利用している
楽天を例にしてみます。

USBメモリに限らず、
価格が1000円程度で、
小型でメール便が使える商品となると…

「決済に手数料がかからない方法」と、
「メール便なら送料無料」を
併用することが
一般的となります。

1000円程度の買い物なら、
手数料と送料は
極力安くしないと
通販する意味が
薄くなってしまいますのでね。

決済方法なのですが、
クレジットカード払いなら
手数料はかからないですね。

他には…コンビニで
手軽に買える
プリペイドカードがあります。

プリペイドカードで
IDにチャージしておくと
手数料ナシで決済できます。

ま、最近は
アマゾンでも、
楽天でも、
iTuneでも、
GooglePlayでも、

コンビニのプリペイドカードが
主流ですよね。

コンビニ等で買える
楽天ポイントギフトカード
について


次はメール便なのですが、
今現在は
「日本郵便」
「ヤマト運輸」
「佐川急便」のメール便が
シェアを占めていますが、

ワタクシの印象では
「メール便に限って」いうならば、
「日本郵便」が圧倒的に
品質高いと感じています。

日本郵便のメール便なら、
追跡番号も発行されますし、
楽天の購入履歴のページから
ワンクリックで、

「今、荷物がどこまで来ているのか」が
確認できます。
スゲー便利です。

 ワタクシの
 イチオシ


ワタクシはここ数年…

風見鶏

…このお店しか使っていません。

フラッシュメモリの専門店ですね。

楽天だけでなく
アマゾンにも出店しているので
使い勝手が良いと思います。

使っているメール便業者も
「日本郵便」ですし、
注文から発送までの時間も
カナリ短いです。

ワタクシの場合は、
1個メモリが欲しいと思いついたら…

・楽天にログインして2分で注文完了
・3日後には、もうポストの中にあります

…こんなカンジです。

まとめ買いとかする必要もなく、
とにかく欲しかったら
1個でも注文…てな具合で
シンプルに利用させてもらってます。

「風見鶏・楽天市場店」さんの
取扱いUSBメモリ一覧


「風見鶏・楽天市場店」さんの
取扱いSDカード一覧


さて、
取り扱っているブランドなのですが、
「SanDisk」「東芝」
「SONY」「シリコンパワー」あたりが
主力になっているようです。

ワタクシの場合は、
「SanDisk」と「東芝」しか
使わないので、
このお店はピッタリでした。

最安…ではないかもしれませんが、
ほぼ最安で、
発送も早く、
配送の品質も悪くないので、
ワタクシのイチオシは
風見鶏さんですね。

ちなみに、冒頭で
「店」選びが最重要ってことに尽きます
ってコトを書きましたが、

コレはホントに重要で、
ダメなお店は、
格安値で釣っておいて、
偽者・容量偽装・代金着服
大陸半島などの本国逃亡など
フツーにありますので、

ちゃんと信頼できるお店で、
相場と比較して、
著しい差がないか、
充分確認しましょう。

ワタクシの場合は
今使っているお店では、
不具合が起きたことはないです。

 よく使ってる
 メモリ


ざっくり、
個人用に「SanDisk」、
お仕事用に「東芝」というように
分けて使ってます。

最近ですと、
データの納品に
USBメモリでも構わないという
ケースもちらほら出てきてまして、

そういう場合は
東芝のUSBメモリを
使用することが多くなっています。

「東芝・TransMemory」と
「SanDisk・Glide」、
「SanDisk・Switch」を好んで使ってます。



「東芝・TransMemory」は
シンプルなキャップ式。

ブランドロゴと
容量とUSB3.0って
ハッキリとデッカク
書いてあるってのが良い。

お仕事に使っても、
「東芝」ブランドなら
悪い印象をもたれません。

キャップは
お尻に付けられるようになっています。



「SanDisk・Glide」は
大きくて失くさないのがよい。
スライドのキャップレス方式。



「SanDisk・Switch」はUSB2.0だけど、
容量対価格でイチバン安いです。
キャップが特徴的ですが、
慣れればむしろ使いやすいです。



構造がわかりにくいんですが、
こんなふうにキャップが外れます。

腕で引っ張って
キャップを外すのではなくて、
キャップをつまむ指と、
本体をつまむ指同士で
ハジく感じで外すのがコツ。



ぐるっとまわして…





最後はお尻にカチっと固定できます。



「SanDisk・Switch」は
キャップがチープな感じで、
あんまり人気ないんですけど、

ワタクシは開閉には問題ないし、
キライではないんですけどね…。

※(
2017年、半導体の相場上昇により、
1.5倍くらいに価格が上がってます。


【関連記事】
個人宅レベルの
データバックアップを考える