内反小趾の痛み解消「らくじき」外反母趾にも


らくじき

小指の付け根が痛い。

痛風だろうか…?と思ってしまうかもしれませんが、それは内反小趾の可能性大。
外反母趾の小指バージョンみたいなヤツ。

小指が内側に曲がってませんか?
私の場合、両足小指が内側に入り込みすぎて、常時薬指で踏んでしまい、小指の先がタコのように固まって、コレが結構痛いのです。
で、問題は小指の先ではなく、ついに小指の付け根に激痛を覚えるようになってしまったこと。内反小趾のイヤなトコロはこの激痛を伴うトコロです。 外皮が擦れてとかじゃなくて、骨が異常を訴えているような痛みです。

私はもともと自分は内反小趾ではないかという自覚があったので、ある程度の覚悟はあったのですが、いざ、小指付け根の激痛段階までくると ココロが折れました。

そんな状態の救世主的が、立体インソールの「らくじき」でした。

使い方なんですが、インソールなので、靴のなかに敷くだけです。

らくじき製品外観

「らくじき」の外観です。左右一組です。私は男性なので写真は男性用です。 男子用と女性用があります。ま、足のサイズによるってコトです。

らくじきパッケージ裏面

パッケージの裏側。
パッケージの説明より…
「足の骨格は、歩行時の衝撃を吸収し効率の良い歩行を行う為に、縦・横アーチ構造をもっています。」

つまり、「らくじき」は、よろしくない状態で痛みのある足の「縦・横アーチ構造をサポート」して、 痛みの発生しないアーチ構造になるように矯正してくれます。

ちなみに…
外反母趾・内反小趾・足裏タコマメ・ハンマートウ・足指のしびれ・扁平足・ハイアーチ・ 足の裏の痛み・開帳足
…に効くとのこと。

私というと、内反小趾で激痛・軽度の外反母趾・結構痛いタコ・足指のしびれ・土踏まず辺りの腱の痛み…などの 悩みを抱えてたわけですが、すべて解消しました。まるごとすべてです。

まさに、「らくじき」様々です。

↓は取説。

らくじき中の取説

↓は製品の裏面。ラテックス材で凹凸があります。コレがミソ。

らくじき裏側

↓サンダルに装着してみました。
が、この装着はよろしくない例です。

らくじき装着位置ダメな例

↑こんなふうに奥に突っ込んじゃダメです。
指先に合わせて使うものではありません。

↓取説の絵にもあるんですが、
靴の真ん中あたりに配置するのが正解です。

らくじき装着位置良い例1

靴の真ん中というより、足の真ん中、土踏まずのフィットを基準として配置します。 すると靴の先端・指先辺りにはインソールはいない状態になります。

外反母趾・内反小趾の問題となる、「親指の付け根の骨」と「小指の付け根の骨」の中間やや手前あたりに 円形の凸を感じるように配置すると、私の場合はもっとも効果がありました。
と、いうか取説どおりに使ってるだけです。
私は奥まで突っ込んだ間違った配置すると、やっぱり効果なく痛いですし、良いフイット感が得られません。

取説のコトバを借りると…
「今までに無いタイプのインソールです。」
…ですので取説よく読んでお使いください。

らくじき装着位置良い例2

↑こんなふうに、土踏まずから指先の間を意識して配置します。

 ほんとに効くのか判断材料


ほんとに効くのかよ?

やっぱ心配ですよね。
効くかどうかは判断材料がありますので、ぜひお試しを。

単純に製品の特徴である凹凸を体感すれば良いってことです。

らくじき裏側

製品裏側の凹凸。
土踏まずから指先に向って凸の隆起があります。
これを類似品で体感してみます。

判断材料

新聞紙でもチラシでもA4コピー紙でもなんでもいいですが、 縦100mm横15mm厚さ2mmほどに折り曲げてみて、足の土踏まずから指手前あたりに配置して 踏んずけてみます。

判断材料

わたしはコレで小指の付け根の激痛がかなり軽減します。

こんなかんじで苦痛が緩和するポイントがあるのなら「らくじき」の効果はカナリ期待していいと思います。

「らくじき」を楽天で検索

関連記事
100均素材で内反小趾対策

でも、結局のところ、内反小趾や外反母趾は開帳足によって引き起こされるので根本的な対策は 歩き方の改善です。インソールやサポーターなどは単に一時しのぎの痛み回避だけで、むしろ症状の進行悪化をもたらすので 早めに専門医の指導を受けたほうがいいでしょう。