インスタント
 味噌汁の種類




ここでいう
インスタント味噌汁は、
「器に入れてお湯をかけるだけ」
のものを指しています。

種類というと、
一食あたりの価格や
製法などから、
おおまかに4種類に
分類できます。

タイプ1:
小さな袋に入った生味噌タイプ
(7円から/一食)

タイプ2:
具と味噌が分包されたタイプ
(35円から/一食)

タイプ3:
フリーズドライ
(90円から/一食)

タイプ4:
カップタイプのもの。

【 PR:楽天市場 】


 小さな袋に入った
 生味噌タイプ


【 PR:楽天市場 】


このタイプの単価は
一食あたり7円くらいからです。

店頭だと…
「わかめ」だけだと
12袋入りで90円くらい

「あさり」や「しじみ」で
8袋入りで90円くらい

プレミアムな「豚汁」だと
4袋入り90円くらい

お弁当のお供に
ちょうどいいタイプです。

値段を考えれば
当然なんですが
具がチョットしか入ってなくて
ホントにお手軽な
昼食に雰囲気だけ味わえれば
ってカンジです。

オススメのブランドは
「マルコメ料亭の味」です。
次点で「ハナマルキ」あたりです。

このタイプでは
純粋に味噌メーカーが
価格面でも味の面でも、
どうしようもなく強い。

オススメは…
マルコメのとん汁

【 PR:楽天市場 】


店頭だと4袋入りで
90円から120円くらいです。
90円以下だとお買い得です。
味噌メーカーの
秀逸さを味わえる逸品です。

イオンのPB商品でも
安いのがありますが、
「マルコメ」と比べると、
どう贔屓目に見ても
イオンのPB品を
二度と買おうとは思えない。

それくらい
このジャンルでは
味噌メーカーが強いと思います。

 具と味噌が
 分包されたタイプ


【 PR:楽天市場 】


このタイプは1食あたり
35円くらいからです。

店頭だと…
3袋入りで130円くらい

「永谷園」が
高いシェアを誇っている
ジャンルです。

代表作は
「あさげ・ひるげ・ゆうげ」
生味噌をベースに
乾燥具材と抽出エキス、
アミノ酸系化学調味料を加えた
シャープな味わいが特徴です。

特定の栄養素を加えた点を
強調した商品が開発しやすい
といった面もあります。

健康サプリ成分の流行にも
追従しやすいのが特徴的。

【 PR:楽天市場 】


お手軽に、
かにの風味が味わえる逸品。
店頭では90円以下だと
お買い得でしょう。

 フリーズドライ


【 PR:楽天市場 】


フリーズドライ(FD)…
真空冷凍乾燥で
料理をそのまま
カラカラの状態にしたもので、

水分を与えれば
香りも味も栄養素も
ほとんどそのまんまで復元されます。

インスタントとしての
究極のカタチ。

比較対象は
普段の手料理となりますので、
インスタントに
分類するのもどうかなと
思いますが、

基本的に
お湯かければすぐに
食べられますので
インスタント食品に
なるのでしょう。

注意点として…
「加えるお湯の量に結構シビア」
です。

間違うと
せっかくの風味が
台無しになります。

このタイプは
「まるで手料理をお手軽に」
がコンセプトなので
具沢山でチョット高価になります。

店頭で手に取ると、
あまりの軽さと小ささに
「こんなのが100円もするの?」
って思うかもしれませんが
お値段以上の価値アリです。

オススメのメーカーは
「アマノフーズ」。

フリーズドライ食品の雄として、
このジャンルでは
一歩リードしてるカンジです。
もちろん、
マルコメや永谷園も
結構レベル高いです。

【 PR:楽天市場 】


アマノフーズは
バリエーションの多さと
具沢山なところが魅力的。

【 PR:楽天市場 】


最近では
マルコメも楽天で直販です。
マルコメは単純に味噌汁として
純粋にうまいという点が魅力。

なんというかもう、
味噌のレベルが違うんだと思う。

 カップタイプ


【 PR:楽天市場 】


カップタイプの
シェアはマルコメが高いですね。

マルコメは
お湯の量で
濃い薄いが調整できていいです。

濃くてもうまいし、
薄くてもうまい。
そんなカンジ。

お弁当のお供に最適ですが、
コスト的には
割高になってしまうかも。

 レンジでお湯


【 PR:楽天市場 】


いそがしいときには
レンジで簡単に
お湯を沸かせます。

お椀一杯分なら
冬場で700Wで1分半程度。

ガラスや瀬戸物であれば
湯のみでも茶碗でもOK。
耐熱ガラスの
計量カップなんて、超便利。

透明なガラスならば
沸騰の様子が
レンジの窓から見て
判断できるので
マジでオススメ。

【 PR:楽天市場 】


お湯沸かすときに
レンジで使っちゃダメなのは、
金属製・木製、
耐熱120度以下の樹脂製です。

紙コップは問題ないけど、
表面に樹脂の成分で
コーティングされているので

レンジ対応を
うたってなければ
避けたほうが無難です。