ばれない通販
 初めて通販する前に
 読むページ




「ばれない」とは何を指すのか?

「お金を支払ったこと」が、
ばれたくない、

品物を見られても
全然かまわないが、
「購入ルートが通販であったこと」
が、ばれたくない、

「品物存在自体」ばれたくない、

などなど…
「ばれたくない」にも、
色々あります。

もちろん、
誰に対して
ばれたくないのか?
…というのも
色々あると思います。

同居人にばれたくない、
近所の人にばれたくない
…などなどです。

誰に対して、
何をバレたくないのか
明確ならば

個々の問題を
洗い出し対応していけば
最終的には
可能になるでしょう。

ここでは、

家族に「通販したこと」自体
ばれたくない


と、仮定して
対策を考えてみたいと思います。

ばれたくない理由については、
ここでは特に
触れないことにします。

【 PR:楽天市場 】

貧乏と給料…
世の中、みんな安月給
知ってますよね?
僕達の給料が安いワケ


 なぜか、
 注文前からばれる




ご家庭で使用している
共用のPCなどで
気をつけなければいけないのは、

PC内には、
検索エンジンの検索履歴や
通販サイトなどの製品情報や、
メーカー公式サイトを
閲覧した履歴が
蓄積されていくことです。

その辺りは、
ブラウザのcookieや
キャッシュといった機能です。

「欲しいモノ」を、
楽天やアマゾンで物色したり、
検索エンジンで
製品の型番検索したり、
メーカーサイトを
訪れたりなんかをしていると、

Web上のバナー広告が、
PC内に蓄積された
閲覧履歴を元に、
その「欲しいモノ」に
関する広告
変化していきます。

特にGoogleアドセンス
という広告は、
アマゾンや楽天、
Yahoo!ショッピング、
各企業のウェブサイト
…などなど、

数多の閲覧履歴を解析して、
最も売れそうな、
そのPC所有者が、
最も興味を引きそうな内容
広告を表示させてきます。

例えば…、
夜にこっそり、
オーディオマニアの旦那さんが、
新しい高級ヘッドフォンの
情報を調べたとします。

後日、そのPCを奥さんが使い、
料理に関するブログを閲覧したときに、
そのブログに表示される広告が…

昨日までは、
ブログの記事に関連している
「調理器具や化粧品など」の、
女性向けの広告だったのに、

なんだか今日は
料理ブログとは、なんの関連性もない、
そのPCで過去に重点的に検索閲覧された
高級オーディオ製品の広告
変化していることに
気づいちゃったりするわけです。

これで、
旦那が高価なナニかを
欲しがってるなと
気づかれることがあります。

【 PR:楽天市場 】


対策は…
もう、おわかりかもしれませんが、
cookieと閲覧履歴・検索履歴を
完全に消去することです。

しかし、
完全に消去することにより、
また表示される広告も
ガラリと変わったりするので、

共同使用者には、
「逆に不自然」と感じられたり、
毎回履歴クリアすること自体が、
「逆に怪しい」となります。

根本的な対策は、
共用PCで通販はしない
ことです。

ま、最近は
個人でスマホがありますので
スマホを使い、
スマホの閲覧履歴も
定期的にクリアしておけば
問題ないかと思います。

実は、昨今のスマホの普及で、
通販の7割以上が、
スマホからの発注です。

特に楽天さんは、
高齢のかたでもカンタンに、
スマホでスムーズな通販が
できるようになっているんですね。

ちなみに、下部の広告が、
閲覧履歴で
広告内容を変化させる代表例
楽天モーションウィジェット。
楽天での閲覧履歴により、
表示内容が変わっていきます。




 そして、
 注文してばれる




楽天やアマゾンなどの
通販サイトでは…

ID所得
(ユーザー登録みたいなもの)
が必要です。
ま、個人識別のための、
メールアドレス登録です。

当然、注文は
IDの注文履歴に残りますので、
IDを家族と共用していれば
当然バレます。

ID登録に、
家族が閲覧できる
メールアドレスを使うと
これまたバレます。

注文の確認や
広告ダイレクトメールなどが、
そのメールアドレスに
配信されるからです。

対策は…
フリーメールアドレスを所得して、
そのアドレスで
通販サイトに登録すること。

それにくどいようですが
共用PCで通販はしないことです。

あと、
ID登録の際や発注の際は、
自宅固定電話の電話番号を
登録するような
マヌケなことはやめましょう。

電話が、
かかってくることを前提に
自分の携帯番号を登録してください。

とはいえ、フツーの通販で、
電話がかかって来ることは、
まず、ありません。

個人識別や、
トラブルが発生したときだけです。

 それでも、
 支払いしてばれる




利用履歴が残る支払い方法は
バレる可能性が高くなります。

口座からの銀行振込や
クレジットカードなどは
当然履歴が残るし、
目につきやすいので
リスクが高くなります。

履歴が残りにくく、
ばれにくい支払い方法は
以下の3つです。

コンビニ支払い
コンビニプリペイドカード
現金で銀行振込
代引き

この中では
代引きが一番安全かと思います。

…ですが、
最近は事情が変わってきまして、
主流なのはコンビニ支払い、
もしくは、
コンビニプリペイドカードですね。

「代引き」とは、
「代金引換」サービスのことで

荷物の受け取り時に配達員さんに
品物代金と送料の総額を
支払うことができるサービスです。

代引きは
配送会社が行う
オプションサービスであり、
通販店は、その配送会社の
サービスを利用します。

通販店と運送会社
(ヤマトや佐川など)で
法人間大口取引契約していないと
利用できないはずです。

例外として
日本郵便(郵便局)が
事前契約の必要なく
誰でも代金引換オプションを
利用することができますが、

発送時の手続きが
非常に面倒なので
対応していない通販店もあります。
というか、
対応していない、お店が多いです。

よく間違えるのが
「着払い」です。

着払いは
「送料着払い」の略で、
あくまで運輸料金のみを、
受け取り時に払うという
運送会社のオプションサービスです。

したがって品物代金は含まれず、
品物代金の決済はできません。

このため
「代金着払い」という表現は
あいまいなので使われません。

これだと
「運搬代金のみ着払い」と
解釈されてしまいます。

「着払い」(ちゃくばらい)と、
「代引き」(だいびき)は、

使い方を間違えると、
とんでもない大トラブルに
なりますので要注意です。

代引きですが、
最近ですと、
配達直前に、トラック運転手が、
金額と在宅の
確認電話
するようになりました。

ナイショじゃない…
「安全な買い物」という点では、
優れたサービスで、
わざわざ、
この直前連絡サービスのために
代引き手数料払っても
代引き指定する人もいます。

ですが、
秘密の買い物には、
若干余計なサービスかと思います。

営業所止めでも、
到着や、なにかのトラブルの際に
電話がかかってくるかもしれません。

運送会社のサービスの向上が、
「ナイショの買い物には余計なお世話」
に、なっている面もあります。

傾向として、
ナイショの買い物に、
代引きが利用されなく
なっていますので、
サービス内容も
ナイショの買い物に
向かなくなっています。

「コンビニ支払い」は
あらかじめ注文後に
支払いコードなどを
eメールで受けて、

そのコードを元に
コンビニで支払い手続きする
タイプです。

ダウンロード販売や
オンラインゲームの課金など、
品物発送が伴わない取引で
よく用いられていましたが、

最近は通販の決済方法としても、
一般的になってきました。

【楽天市場】
お買い物方法
コンビニ決済サービスについて


「現金で銀行振込」は、
「代引き」も
「コンビニ支払い」も
利用できない
小規模通販店に対して
使います。

口座経由で銀行振込すると、
通帳に記載されますが、
ATMから現金で単独に振込すれば
口座に履歴も残りません。

ただ手数料が
チョット高額になります。

最近の流れですと…

コンビニ等で買える
楽天ポイントギフトカードについて


大手の通販サイトでは、
コンビニで定額の
プリペイドカードが売ってます。

iTuneカードとか、
GooglePlayカードとかと
同じ使い方ですね。

アマゾンの場合は、
「アマゾンギフトカード」、

楽天の場合は、
「楽天ポイントギフトカード」
などです。

店頭でぶらさがってるカードを
レジまで持っていって買って、
カードに記載されたのコードを
IDに入力すればいいというもの。

アマゾンや
楽天なら
年齢制限などはありません。

DMMは
年齢制限あるかもしれません。

したがって、
アマゾンや楽天などの
大手の通販サイトを
利用するのならば、

「家族にバレない決済」は
未成年であろうが、誰でも可能
…ってコトになりました。

逆にいうと、
親が子の通販を
感知できない社会が
完成しました


代引きは
お店にとって
リスクのある発送方法です。
お店側は慎重な態度を
とるでしょう。

コンビニ支払いや銀行振込は、
注文→金額決定→
金額通知→決済になるので

決済完了までに、
お店とのやりとりが発生し、
発送までに時間がかかります。

コンビニプリペイドは
残高に応じて、
注文→即決済→発送
となるので
スムーズで手間がかからない、

トラブルが起こりにくいので
電話がかかってくる可能性が
ほとんどないといった
利点があります。

大人レベルの
フォーマルな
コミュニケーション能力を
まったく必要としないので、
未成年でもカンタンに
通販を完遂することができてしまう
社会になりました。

上記の方法は
バレる要素が
ほとんどないのですが、
伝票やレシートが
発行されますので、

レシートを
財布にいれていたのが
バレたとか

マヌケなことが
おこらないように、
管理するなり、
家の外で処分するなり
工夫してください。

例えば、
コンビニで
楽天プリペイドカード買った時の
レシートを
財布に入れておいたとか、

トラックの運転手や、
コンビニや、
運送会社の受取窓口などで、
荷物受取の際に発行された、

受領証などを
財布に入れておいたとか、
そういうことです。

 やっぱり、
 受け取りでばれる




自宅に配送してもらうなんて、
もってのほかです。

ばれないほうが、
おかしいです。

時間指定もムダです。

配達員さんは、
指定時間に遅れなければ
いいと思っているので、
早く配達されることは
よくあります。

…ってゆうか、
指定時間より、
ずいぶん早いなんて
普通です。

不在であれば
不在票をおいていくし、
玄関前で大きな声で元気よく
「ごめんくださーい、お届け物でーす」
だし、お荷物お届けに参りました
アピールが、強烈です。

隣近所に
「こないだのお届け物なに?お中元?」
とか、話題に出されたりして
間接的に
ばれることになりかねません。

通常は…
留め置きサービスを使い
自宅以外で受け取り
ます。

日本郵便では「郵便局留め」、
ヤマト運輸や佐川急便などの
運送会社では「営業所止め」を使います。

通常は宛名に自宅住所は書かずに、
受けとる営業所の住所を書き、
○○○営業所止めとします。
(郵便局なら○○○郵便局留め)

「留め」と「止め」の違いはなく
同じサービスです。

多分、日本郵便と
その他の運送会社では、
取り締まる法律が違うので、

そのあたりの業務制限から
建前上、
表記を変えているかと思います。

ちなみに日本郵便の荷物を
民間運輸会社の営業所で
受けとることは
できません。

逆に民間運輸会社の荷物を
郵便局で受けとることも
できません。

通販店が佐川急便での発送しか
対応してなければ、
郵便局やヤマト営業所では
受け取れないということです。
ま、当然ですよね。

受け取りには
窓口で免許証などの
公的な身分証明書で
本人確認が必要です。

また営業所に届いていても、
本人に連絡はありません。

伝票に自宅住所は書かないので
自宅に連絡しようがないのです。

また伝票に連絡先電話番号が
記入されていても、
基本的には連絡はしてきません。

頃合いをみて、
こちらから
確認しに行くだけです。

通常は、
荷物番号が発行されるので
各運輸会社のサイトで
荷物番号から、
荷物が営業所に届いているか
状態を検索閲覧ことができます。

決済方法を代引きにしている場合、
代金を荷物受け取り時に
窓口で払います。

各社の営業所設置数は傾向として…

佐川急便:
高速インター付近などの
流通拠点にしか営業所がない。

ヤマト運輸:
営業所が街中にまであり、
数も多く受け取りに便利。

郵便局:
数は圧倒的に多い。
窓口営業時間が短く土日祝は休み。

事前に各社ホームページで
それぞれの営業所の場所と
営業時間帯、
受けられるサービスを
充分に確認しておくことが必要です。

ちなみに
留め置きサービスを
利用するときは
事前に配送会社や日本郵便に
申し込み等をする必要は
ありませんし、
別料金もかかりません。

コンビニ受け取りとは…

文字通り
コンビニで受け取れます。

代引き決済の場合は
そのままコンビニで
代金を払います。

事前にeメールで
受け取ったコードを元に、
コンビニの情報端末
(チケットとか買うアレ)で
手続きがあります。

アマゾンの品揃え傾向から
男性に人気で
よく使われる手段です。



最近では楽天ブックスで
コンビニ受け取りが
始まってます。
本とCD、DVD、ゲームなどで
利用できます。



【楽天市場】
コンビニ受け取り
ご利用ガイド


楽天のプライバシーBOX
楽天市場は、
ばれない通販にとても協力的。

【楽天市場】日本郵便の
受取ロッカーサービス
「はこぽす」


【楽天市場】
楽天BOX ご利用ガイド


お出かけ前や
ご帰宅時などに便利。
楽天BOXは、駅に設置した
お受け取り専用のロッカーです。
(当然ながら代引きでは
ご利用できませんが。)

セブンイレブンの
セブン&アイでも、
通販して
セブンイレブンで受け取れます。

この場合は通販というより、
コンビニで、
お取り寄せというかんじですね。

品揃え的に、
普通の店舗でも
買えるものだと思います。

ばれない通販を画策するほど
マニアックな品物は
扱っていない傾向です。

 ところが、
 ダンボールでばれる




通販は商品保護のため、
結構大げさな包装で
届けられます。

ダンボールもデカいし、
中にはプチプチやら
発砲スチロールでいっぱいです。

これらの処分方法も
考えておきましょう。
間違っても不法投棄はやめるように。

 まさか、
 届かなくてばれる




「届かない!」などの
郵送事故対応の行動で
ばれるかもしれません。

電話での問い合わせなどの
一連の挙動不審で
家族に察知されるかもしれません。

こればかりは、
送料をケチって
安い発送方法を選ぶな

…ってことです。

特に、日本郵便の「ゆうパック」
「定形外郵便」、
ヤマト運輸の「宅急便」
「メール便」については、
サービス内容を
充分理解しておきましょう。

それぞれのサービスに
「留め置き」
「代金引換」
「着払い」 「追跡番号付与」
「事故補償」などの
オプションが
どのように適用されるのか、
これでもか!ってほどに、
理解しておいてください。

 結局、購入後
 しばらくしてばれる




あんまりないのですが…

ダイレクトメールが自宅に来てばれる。

金欠の様子でばれる。

ヘソクリがすでにばれていて、
 その残高が減った時点でばれる。

近所の噂などからばれる

…などです。

通販決行前に、
あらゆるリスクを想定して
シュミレーションしておきましょう。

 まとめると…




まとめますと…

個人持ちスマホ&フリーメールで注文

支払いはコンビニ、または代引き

受け取りはコンビニ、または留め置き

送料・手数料はケチらず

ダンボールはうまく処分


…これでばれなく
通販できると思います。

最近はイタズラ対策のため、
留め置きで代引きは対応できないよ
…というお店も増えてます。

ま、確かにイタズラ注文に対し、
代引きで発送して
返送されたりすると、
往復送料・代引き手数料
手間などの人件費で、
ざっくり4000円以上の
損失になりますので、
お店がイヤがるのも
いたしかたないところです。

ですので、
先払いのコンビニ決済が
有効かと思います。
というか、
コンビニ先払い、または、
プリペイドギフトカード
そして、
コンビニ受け取りが主流
になりつつあります。

コンビニ等で買える
楽天ポイントギフトカードについて


【楽天市場】
お買い物方法
コンビニ決済サービスについて


【楽天市場】
コンビニ受け取りご利用ガイド


楽天の場合は、「よくある質問」で
検索すれば大抵のことは解決できます。

【楽天市場】
よくある質問…
「コンビニ」での検索結果


【 PR:楽天市場 】


もし、
ばれたくない商品が書籍なら、
電子書籍を
選択のひとつにしてみても
いいかもしれません。

最近は書籍の電子化が
加速してますので、
お望みの書籍も
電子化しているかもしれません。

そのチョット言いにくいのですが、
見られたくないジャンル…にも
電子化の波は到来してます。

やっぱ実物がないのはバレにくい。
見せたくない人の目に
物理的に届かないっていうのは
安心感が違います。

 専門店などで注文して
 取り寄せられないの?




ばれない通販を画策する前に
実店舗で取り寄せられないか?
確認したほうが
よい場合もあります。

品物の型番さえ分かれば、
専門店で取り寄せられない
ってコトは
ほとんどないはずです。

わざわざ店に出向かなくても、
電話で聞けばいいハナシですし。

ただ、
「急ぎのため、待ってられない」とか、
「店員にも知られたくない機密事項だ」
…というならハナシは別ですが…。

通販が普及する前は、
カタログで選んで
お店で取り寄せてもらうのが
一般的でしたので。