自転車で尻が痛い


  

自転車の乗ってて
尻が痛いですか?

ヒトコトで片付けてしまうと…
慣れの問題です。

痛みに慣れろって
言ってるんじゃなくて、

痛みが
発生しない姿勢に
慣れてください


ちなみに、
痛みが発生しない姿勢
というのは
スポーツバイクを
乗るときに
気をつけなければならないことで、

ママチャリの場合は
尻が痛くなる要素は無い
ので、
ママチャリで尻が痛い場合は、
よりクッション性の
高いサドルに変えるしか
ありません。

スポーツバイクの場合は
「痛みが発生しない姿勢」
はあります。

と、いいますか、
コレができないと
しんどくてスポーツバイクには
乗っていられないと思います。

スポーツバイクでは、
初期段階で
痛みが発生しない姿勢に
慣れておかないといけません。

 尻じゃなくて
 股間が痛い


ハナシを聞くと、
ほとんどのヒトは尻じゃなくて、
股間が痛いんだと思います。

理由はカンタンで…

尻じゃなくて、
股間で乗っているから…。


スポーツバイクって、
サドルがえらい固くて
細くて薄いですよね。

正しい姿勢をすると、
サドルなんて
あんなカンジで
薄くて固くても
小さくても平気です。

理由は…

ちゃんと尻で乗れば
サドルはアレで充分だから


尻が痛いという人は
意外にも
尻で乗ってないんですね。
なんと股間で乗ってます。

そりゃ、
あんな固いサドルに
股間で乗ってりゃ
ダレだって
ガマンできないっす。

股間が痛くなるのは
前傾姿勢をとる
スポーツバイク特有のものです。

前傾姿勢をとらない
ママチャリでは
ほとんど起きないです。

 股間で乗っちゃう
 …ときの姿勢


普通の
オフィス椅子に座った状態で…
前にお辞儀をしたまま…
顔をあげてみてください。

このとき、
お尻のうしろが浮いて、
なんとなく
座面に股間を
強く当ててるカンジが
ありませんか?

多分、自転車で
股間が痛いときには
こんなカンジの乗りかたに
近いと思われます。

お辞儀のような
前傾姿勢で胸を張るので、
股間が座面に
強めに当たってしまうのです。

 ちゃんと尻で乗れてる
 …ときの姿勢


普通の
オフィス椅子に座った状態で…
尾てい骨の位置を
動かさないイメージで…

猫背になって
前に頭をもたげていき…
限界まで曲げたら
顔をあげてみてください。

このとき、
お尻のうしろが
座面をしっかりとらえて、
股間が座面から
浮いてるカンジがありませんか?

股間が痛くならない
乗りかたって
こんなイメージです。

まず座面に
しっかりと腰を立てて、
猫背のような前傾姿勢でも
腰だけは座面に対して
垂直なイメージ。

ポイントは
お辞儀の前傾姿勢じゃなくて
腰は立てたまま
猫背の前傾姿勢ってところです。

腰を折るんじゃなくて、
背中を丸めるカンジです。


 尻はほとんど
 痛くならない


ママチャリに
またがっているだけのときの
体重分散は…

ハンドル:5%
ペダル:10%
サドル:85%
くらいになると思います。

スポーツバイクだと…
ハンドル:33%
ペダル:33%
サドル:34%
こんなイメージで
乗ることになります。

あくまでイメージなので、
実際はそこまで極端ではない
かもしれませんが、

スポーツバイクでは
腕・足・尻に体重を
均等に分散させるので、

本来は尻への負担が
ものすごく少ないはずなのです。

ですので、
基本的にサドルは
薄くて固くて平気なのです。

だから、
スポーツ自転車に
ついているサドルは
軽量化の対象で
あんなカンジなのです。



一般的に、
スポーツバイクは
サドルとハンドルの高さは、
ほぼイコールか、
あるいはハンドルのほうが
低い位置になっています。

サドル自体の高さも、
ペダルを最下部まで
踏み込んだ状態で
ヒザが気持ち余るくらいの
高さにすることが多いです。

ですので、
停車時にサドルに乗った状態では
足はぜんぜん地面につかなくて、

停車時は
サドルから前に降りて
停車するのが
一般的な乗車位置でしょう。

この乗車位置だからこそ、
前傾姿勢がとりやすく、
三等分の体重分散が可能なのです。

 クロスバイクを
 ママチャリのように
 乗る場合


ママチャリに
またがっているだけのときの
体重分散は…
ハンドル:5%
ペダル:10%
サドル:85%
くらいになると思います。

ですので、
ママチャリのサドルは
バネ付きで
カナリのクッション性を
持ち合わせたサドルが普通です。

体重の8割以上が
尻にかかるので、
デカくて
スプリングの付いた
クッション性の
優れたサドルでないと、

路面の凹凸からくる振動ですら
苦痛を感じて乗っていられません。

ちなみに、
ママチャリの場合は
ハンドル位置が高く、

そのうえ、
ハンドルの形状が
手前に曲がっていることにより、
手のグリップ位置が
ずいぶんと手前にあるので、
前傾姿勢をとることがありません。

したがって、
構造上、常に座面に対し
腰が垂直になり
股間が痛くなることがありません。

で、ここからが問題なのですが…

クロスバイクの
サドル高さを下げて
足がつくようにし、

ハンドル高さが
サドル高さより高くなる、
いわゆるママチャリライクな
セッティングをすると
どうなるのかといいますと…

体重分散が…
ハンドル:33%
ペダル:33%
サドル:34%
…から、
ハンドル:15%
ペダル:15%
サドル:70%と
かなりママチャリに近い
体重分散となります。
あくまでイメージなんですけど…。

で…、
サドルより
ハンドルが少しだけ高くて、
フラットバーハンドルのように
サドルからグリップ位置が遠いと、

前傾姿勢が中途半端
…というか
ほとんどとれなくなってしまい、

前述した
「ちゃんと尻で乗れてるときの姿勢」
が猛烈にとりずらくなり、

顔をあげて胸を張った
「股間で乗っちゃうときの姿勢」
に近い乗車姿勢を
せざるえなくなります。

この状態では、
もともと付いていた
スポーツ用サドルでは、
どうやっても尻が痛いし、
股間も痛いってコトになります。

クロスバイクを
ママチャリ姿勢で乗るのが
悪いっていうことじゃなくて、

クロスバイクを
ママチャリ姿勢で乗るなら、
そもそも
サドルがスポーツ用では
根本的に
適さなくなっているのです。

じゃ、どうすればよいのか…
答えは、
「サドルを替える」です。

高いクッション性と
股間が圧迫されにくい
形状のサドルに変えることで
対応できます。

フラットバーハンドルと、
低いサドルの組み合わせは、
「股間で乗っちゃうときの姿勢」
になりやすく、
股間が圧迫されにくい
形状のサドル
であることが、
重要です。

オススメはコレ↓


「痛くない サドル」を
楽天で検索


私は、
サドルに乗ったままで
地面に足が着くような
サドル高さにするのなら、

サドルは
ママチャリ用の
バネ着きで大柄なサドルに
すべきだと思います。

見ためが悪くなりますが、
一般のヒトは
そんなとこ見てないし、
気にしてないです。

ですが、
一流メーカーの
オシャレなロゴが入った
フレームでコレやったら、

自転車を知ってる
ヒトから見たら
「やっちまった」感が
ハンパないってのは
確かにありますがね…。

でも、実際は、
一流メーカーのオシャレな
ロゴが入ったフレームなのに、

乗り方が
すでに前傾姿勢が
うまくとれてないとか、

停車時に
サドルに乗ったまま足が
地に着いてるほどに
サドルの位置が低いとか、

サドルより
ハンドル位置が高いってだけで
充分、「やっちまってる」感の
オーラが出てますので、

スポーツバイクを
爽やかに乗りこなしたいなら
ゼヒとも上手な
乗車姿勢をマスターしてください。

ワタクシ自身は、
別に「やっちまってる」感の
自転車でも、

人の目なんか
ゼンゼン気にならない
ヒトなんですけどね。

ブルホーンのクロスバイクに
バネ付きママチャリサドルを付けて、
さらに付けたリアキャリアに
農協のロゴがいった
樹脂コンテナを
ゴムバンドで縛り付けた状態で、

アルミの空き缶を
満載したリアカー牽引しながら、
銀座の街を駆け抜けても
平気な人です。