自分でしない理由
 業者に任せる理由


  

自転車の修理ですが…

ソレって
自分でやる必要
あるんですか?


…ってコトを
考えてみてください。

ちょっとヘンな例え話に
なってしまうのですが…

とある会社の
営業車がエンジンかからなく
なってしまいました。

どうやら
壊れてしまったようです。
さて、この営業車の
修理するのはダレでしょう?

1.
普段、その営業車を
使っている営業マン

2.
その会社が
普段依頼している
修理業者

営業マンが
営業車の修理を
自分でしない理由

会社が
営業車の修理を
営業マンではなく
修理業者に任せる理由

議論するまでも
ありませんよね?

こんなふうに、
ある道具を
「使う人」と、
それを「修理する人」は
別々であることが
世の中には往々にしてあります。

当然にして断然、
そのほうが経済的である
という理由があり、

人間の貨幣経済システムが
そのような方向性で発展して、
そして今現在、
そのような状況に落ち着いている
現状を考慮して…

もう一度…

自転車の修理って
自分でする必要あるの?


…って、考えてみてください。

ま、自転車の修理は
業者に任せればいいんじゃね

…って方向に
誘導しておいてなんですが…

ワタクシの場合は…
自転車の修理は
全部自分で
やってます
けどね。(オィ

 正社員のコストは
 時給3000円


正社員一人を雇うのに
給料の3倍の経費が
かかるのはなぜ?


会社が正社員を雇うと最低でも
時給で約3000円
…かかるとよく言われます。

…が、これは
的外れな数値ではなく、
むしろカナリ核心をついた
数字です。

会社のナカから
ソトへの視点で考えた場合、
だいたい年収300万円という
正社員を雇用するのに、

会社の捻出するコストは
時給3000円+αくらいです。

これでも、
その社員さんの手取りだと
時給1200円前後に
なると思いますが…。

さて、
ここで考えられる方向性は
2つあります。

ひとつは…時給3000円、
8時間で24000円の
経済的効果を
もたらすアナタが、

ワザワザ自分で
自転車修理に
時間かけるって
どうなの?

自転車修理なんか
業者に任せて、
その分、本業に打ち込んだ方が
どう考えてもトクじゃない?

って考え方。

つまり、
3000円の修理代なんか
安いという思考


ちょっと、
イヤな言い方になりますが、
デキるビジネスマンの思考…

修理なんか業者、
そもそも
オレはそれ以上に稼ぐんだから。


もうひとつは、
手取り額で考える
手間賃1000円は、
他人に頼むと3000円
かかってしまうという考え方。

業者さんの
支払うべき税金と
社会保険と
お店の家賃などひっくるめて
料金に含んで
支払っているという現実。

つまり、
3000円の修理代が
高いという思考


ちょっと、
イヤな言い方になりますが、
節約主婦思考…

業者に支払う額を
まかなえる稼ぎがない
だから出費を絞る。


以上の2点の
対極する思考を天秤にかけて、
自分で修理する方が
得なのか損なのか
を判断していくことになります。

つきつめていくと、
人件費に対しての
認識の違いが
どうしても見えてきます。

社会人経験が
長かったりすると、
どうしても
人件費というものに対し、
正しい知識と
相場が身についてきます。

業者さんが
30分程度の作業時間で
1500円程度の工賃を
請求してきたとしても、

フツーに考えると…
まぁ、それなりに
妥当だという認識に
落ち着くはずです。

これが、
人件費に対しての
相場感がないと…

点検して診断する…
見るだけだしタダでしょ?

部品を交換する…
部品代だけじゃないの?
工賃?なにそれぼったくり!

…ってことになりがちです。

ママチャリの
後輪タイヤの交換…
タイヤ代1700円
チューブ代800円
作業時間1時間で
工賃3000円…

合計5500円程度が
妥当であることが
わからない…

もしくは
納得できない…。

これは、
時間に対する
コストの意識が
全くないヒトに
ありがちです。

その人が
時間とコストを考える
仕事をしていない、

または
その立場地位にない場合に
起こります。

つまり、
この項で
なにが言いたいかというと、

フツーに生活できている
社会人なら、
自身の社会的経済価値を考えれば、
修理代の高い安いを
検討すること自体、

そして、
自分で修理しないと
いけないのかってことを
検討すること自体、

あんまり有意義なこと
ではない
よねって
ハナシでした。

ほとんどの人は
自分で修理するより、
志願して残業したり
1件でも多く契約とって来るほうが

将来的には
ケタ違いの現金が
手元に残るはずなんです。

正社員で働いているってコトは
すでに
そういう地位立場にいるって
コトなんです。

 道具の持つ価値は
 相対的


アナタにとって
アナタの自転車の価値って
いくらですか?

新車で50000円で
買ったから
50000円ですか?

ま、そうかもしれません。

でも、
もうちょっと
違った見方もあって、

その自転車を
所有することによって、
アナタが得た経済的価値って
どれくらいですか?

…ってコトを考えると、
自転車に限らず
道具のもたらす価値って
相対的なんですね。

ワタシもですね…
自転車通勤をする理由
…の記事でも述べましたが、

60000円程度の
自転車買って、
自転車通勤して、
軽自動車を手放すことができて、
年間35万円程度節約できました。

しかも、
それだけではないです。
健康面とか
色んなプライスレスな
良い影響が得られました。

私にとっての
自転車の価値って
35万円+αなんですね。

だから
修理や消耗品に
2万も3万もかかっても
決して高いとは思わないんです。

比較対象が
自転車本体の6万円
という数値ではなくて、
35万円の節約効果と
比較しているんですね。

ですので、
5万の自転車に
1万の修理って
もったいないとは思わずに、

自転車を
所有することで得られた
相対的価値、

修理することにより
得られる相対的価値も
含めて考えると、

1万円払って
業者にしっかり見てもらうことに
抵抗なくなるんでは
ないでしょうか。

 私の場合は
 結局「趣味」


それでもワタクシは
修理メンテナンスは
すべて自分でやってます。

自分で直せないほど
劣化したら…
ま、その頃は
買い替え時期だと
割り切ってます。

結局は
ワタクシの場合は…
趣味」だったんですよ。

業者に任せた方が
長期的には
トクだって分かっていながら、

自分でやれるなら
そのほうが安く済むとか
自分で言い聞かせながら

費用対効果の薄いであろう
修理に時間を割いていたのは、
結局、趣味への
言い訳だったんですよね。

つまり、
自分の自転車を
他人に触らせたくない。

自分で調整して
自分の求めるパーツをつけて
その成果を実感したい。

結局のところ…
趣味の世界なんです。

ま、サーキットを
走るわけでもないのに、
スポーツクーペに
金かけるヤツって
いるでしょ?

助手席に
乗る人もいないのに、
ヴェルファイアを
ドレスアップしちゃっているヤツ。

しかも、
牛丼屋の出入り口の段差で
フロントスポイラー
割っちゃうヤツ。

同じメンタリティなんです。
頓珍漢なんです。
アホなんです。
趣味なんです。

だから、
私は自分でやるほうが
安上がりだよなんて、
アドバイスはしないです。

もし、
修理にかかる金額が
高いだの安いだのという理由で
自転車修理を
自分でやりたいと考えているなら

ワタシの回答は、
長期的な
費用対効果、安全性を考えれば
業者を利用するべき

って答えます。

安上がりだからって理由で
機械いじりするのって、
結構、キツいっていうか
ミジメな感情が沸きますよ。

もし、
スポーツ性を含んだニュアンスで
メンテナンスを自分でするべきか
って質問されたなら、

めっちゃ楽しいから
ゼヒ自分でするべき

って回答します。

 工具がすべて。


スポーツ自転車って
規格が決まっていて、

いうなれば
自作パソコンみたなカンジです。

この部品には
この工具を使って、
この手順で…
って感じで
工具がないと始まらないです。

結構自転車専用工具って
多いですよ。

「自転車 工具セット」を
楽天で検索


工具の種類と価格をみて
ひるむようなら、
自分でしようと思わない方が
いいかもしれません。

それに、
フツーに考えても、
メンテナンススタンドは必要です。

「自転車 メンテナンススタンド」
を楽天で検索


クロスバイクの選び方
の記事も参考にしてみてください。

 快適な乗車時間を
 楽しんでほしい


自転車に乗ることとか、
乗っている時間とか、
そういうことを
楽しんで欲しいと思います。

そういうことに
プライスレスな価値を
見出してほしいですし、
楽しいと感じてほしいです。

実際には、
ほとんどのひとが
自転車にカナリ大きい
経済的恩恵を受けている
ハズなんです。

ほっとんどの人にとって、
日本国の国籍を有し、
日本国内で合法的に
労働に従事している場合、

経済的恩恵に対しての
修理代1万円2万円は、
割合としては
微細であるといいきれます。

で、肝心の自転車が
調子悪かったら
どうでしょう?
楽しめないですよね?

少なくても
私は楽しめないし、
イラっとします。

なんだかんだで
1日通して、
ちょっと精神的に
ひっかかるトコロがありますね。

なんていうか、
自転車から得られる
経済的恩恵に
ロスが生じているというか、

自分自身のパフォーマンスが
削られているというカンジです。

だから、
私は自転車を
常に調子良く保ちたいと
考えています。

故障させたくないし、
パーツが故障する前に
取り替えておきたい。

ナニが言いたいのかと
いいますと、

日々の
メンテナンスをしましょう。
いや、
してもらいましょう
ってコトなんです。

故障してから
対応しようとするとですね、

結局、
店の良し悪しが
分からないのに
近所にあるからという理由で
そのお店に行くしかない
ってコトが生じます。

故障して
走れないチャリを押して
隣町まで行くことなんて
出来ないですしね。

…で、
行ったお店に
不満が出たりするんです。

…そこで
初めて気がつくんです。

自転車屋さんが、
すべて同じではないってコトに。

自転車屋さんっていっても、
お店なんです。
企業なんです。

得手不得手もあるし、
経営方針も違うし、

店長の人柄も、
従業員の質も、
取り揃えるパーツの傾向も、

そして客層も

…いろいろ違うんですよ。

結局、商売なのでね、
客と店に相応の
釣り合いが必要なのです。

店の
より良いサービスを
受けたいなら、

客も相応の金額で
答えねばなりません。

まぁ、
そーゆーことを考えると、
ミもフタもない
ハナシなんですが、
車体は
そのお店で買え
ってことに
つながると思うのです。

フツーは
売った車体に
責任持ちたいと
お店は思うはずです。

ま、すべての店とは
言いませんが…。
売り逃げタイプで
安い車両が
主体のお店もあります。
ホムセンとか。

で、責任を持とうにも、
自転車って
消費部材とか
複雑に関連しているから、
どうしても経過を見たいです。

つまり
定期メンテナンスを含めて
お店の評価をするべきなんです。

そのお店に、
定期メンテナンスを
任せるべきです、
させるのです。

させて評価しなければ
なりません。
そして築くのです、
お互いに信頼関係を。

まぁ、信頼関係というと
大げさですが、
客と業者としての
実績を積み重ねるのです。

で、
定期メンテナンスをしてもらうと、
どうなるのか?

事前交換とかしていれば、
突発的な故障がなくなります。

つまり、
故障したから店に行く
っていうんじゃなく、
定期メンテナンスで
店に行くってコトだけ
になります。

もっというとですね、
自転車本体が
どうのこうのではなく、

アナタ自身にとっての
自転車との関係性
そのものについて
店長との
やりとりの議案に
なっていきます。

だからですね、
お店は近所じゃなくても
いいんです。
故障したチャリ押していく
ワケじゃないから。

自転車に乗って行ける程度の
距離でお店を選べばいいんです。
コレだと、
グっと選択肢が広がるはずです。

で、こういう、自転車に限らず
道具屋さんとの関係…

もっというと
店長との人と人との関係って、
やっぱり財産なのかなって思います。

アナタの経済的価値を構成する
道具をサポートする支柱
という関係に
なるんだろうと思います。

しっかりした
お店で購入して、
しっかりした
定期メンテナンスを
受けていれば

故障で動けないなんて
ほとんど
ないはずなんですよね。

自分自身の
経済的価値を自覚して、
理解していれば

フツーに考えて

ホームセンターで
安物のチャリ買って、
壊れたから
最寄りの自転車屋に
持っていったけど、

自転車本体が
粗悪品だからって
修理断られて途方に暮れる…

なんて、
アホなコトが
起きるはずないんですよ。

もしも、
あったとするなら…

アナタ自身の
経済的価値に見合った
正しい在り方
シフトするべきです。